• Kenta

はじめてのクラフトビール作り ホップ栽培の農場見学@奥多摩 峰 

ホップのお勉強



奥多摩の奥深く、東京最高峰集落の「峰」で、ホップを作られているOgouchi Banbanさん

今回はそちらの畑にお邪魔して、ホップの栽培方法や作業工程をこっそり教えて頂きながら、がっつり根っこの掘り出しを体験しました。

ホップは多年草の植物で、7〜9月にかけて育ち花をつけます。いわゆるビールに使われるホップとは、花のつく実のことを言います。

冬の訪れとともに、8mほど伸びた蔓は枯れて、根っこは土の中で春を待ちます。

風の香りが変わる3月に、冬を越したホップの根っこを掘り起こし、4月の植付けに備えるのが通年の流れだそうです。

今回の作業は、根っこの掘り起こしのお手伝いです。

ひらけた畑には畝(うね)が20本以上伸びていて、約半分弱の場所を鍬とスコップで掘り返します。

日頃から体を動かしていますが、畑作業は使う筋肉も違うらしく、なかなかの力仕事に骨が折れます。

驚いたのは、根の広がりとそのモンスターのような姿です。


「ホップの力にまかせてます」



そう語るOgouchi Banbanパフォーマーの勘さん。

ホップはアルカリ性で水はけの良い土を好み、寒冷地での栽培に適しています。 畑のある峰は標高約1000mの高地にあり、ホップを育てるには良いロケーションで、土質も合っていたのかもしれません。

ホップは雑草のように生えると聞いたことがありましたが、それにしても根っこの育ちの良さにはビックリしました。

子供達もお手伝いに参加してくれました。 次第に虫取りがメインになって、いつのまにかブランコで遊ぶという和やかさ。


天気にも恵まれて気持ち良く畑仕事ができました。 沢山のヒントと貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました!

学んだコトを糧に、僕たちもホップを育てたいとおもいます!!



↓Ogouchi Banbanさんの取り組み紹介↓

OgouchiHopプロジェクト 「東京最標高集落、小河内・峰で育ったホップで、バテレが限定クラフトビールをつくる」

season1の記事はこちら http://ogouchibanban.jp/?p=5435

ホップ動画はこちら


XBRIDGE クロスブリッジ

「自然」をキーワードに集まったコミュニティ。山岳レスキュー、ポロシリキャンパー、旅する水中アーティスト、荷台冒険家、日本酒通の料理研究家など、バックグラウンドも職業もバラバラですが、それぞれが独立したライフスタイルを送りながらも、自然に関わるイベントや情報を発しています。...Read More

 

© 2017 XBRIDGE.co